りんごの災害対策本部

なぜ接骨院で災害対策?

写真 「なぜ接骨院で災害対策を?」と思われるでしょう!

最近の地球規模での天変地異に、皆さんお気づきの事かと思います。
「観測初」・「観測史上最大」・「何十年、何百年に一度」・「命を守る行動を」、
といったような形容詞がついたニュースが頻繁に流れるようになってます。

『この事態に対して現在の日本に生れた者として、また医療従事者としてどう向き合うのか?』という事が
りんご接骨院の命題でもあります。

実は災害時には心・身体ともに、大きくバランスを崩します。
バランスを崩した状態は、病気・ケガ・心の病などの最大の要因となります。


【災害から生き残る】ことに関しては、運もあるでしょう。
しかし【災害から生き延びる】ことに関しては、知識・技術・経験・備えで対応できるのです!

そういった理念の元に自分たちも皆さんと共に学びつつ、
災害に対する知識・技術・経験・備えを身につけていこうと始めたのがこの活動です♪

状況に応じて、この本部から情報を発信致しますので
時々お立ち寄り下さい(^^)/

災害等の非常事態の際に向けて、日頃から備えておくべき基本

写真 @体力の備え
日頃の生活の中で、取り組んでおく事が大切です。
特に「脚」の強化は大切な意味を持ちます!
☆ 災害によって交通手段がなくなった時の、移動手段となる「脚」、
☆ 避難生活での心肺機能や持久力を維持するための「脚」、
☆ 体力の衰え・低下による精神的なエネルギーダウンを防ぐための「脚」

A心の備え
日頃の生活の中で、リラックス出来る方法を持っておく事が大切です。
非常事態時は、気持ちの切り替えが何より大切になります。
そして『感謝』する意識が、心の平安を保つ重要な要素です。
日頃の生活の中で、培っておきましょう!

B知識の備え
正確な情報を収集する力を身につけておく事が重要です。
災害等の混乱時は、情報が錯綜します!
日頃から正確な情報を得るための、信頼できる情報源・それを得るためのネットワーク作りが大切です。
それには日頃からの人との交流のあり方が、情報の収集に大きく影響します。


※この上に様々な災害の備えがあれば、それが更に有効に活用されていきます!

防災ポーチの作成について

写真
防災ポーチは避難袋より簡易に持ち運び、また保管が可能なアイテムです!

作成後は身近なところ、寝室、クルマのダッシュボードなどに保管して下さい(^o^)/

中身は全て100円ショップで揃える事が可能です♪

揃える手間を省きたい方用に当院では1,000円でお分けもしております(^o^)v
お気軽にお申し付け下さい♪


それでは防災ポーチの中身をご紹介致します(^^)

写真左上より
@マスクAウエットティッシュB携帯ミニトイレ袋Cアルミ温熱シート
黒ポーチの左
D情報記入シート
黒ポーチの上
E羊羹(ようかん)
黒ポーチの右
Fバンドエイド
黒ポーチに付いているもの
GLEDライト ブザー付

※情報記入シートの内容
・名前・住所・血液型・性別・生年月日・家族の避難場所(待ち合わせ場所)・常備薬(持病)
・健康保険証番号

この内容をベースに、その他必要なものをポーチに入る範囲で収納して下さい♪
CM 次回『りんご健康体操教室』令和2年10月1日(木)に開催します♪
※りんご健康体操教室の「詳細」についてはこちらをクリック(^^)/